ダイエットをする前に、ダイエットをしているときに、ダイエットして痩せたら・・ ダイエットを成功させるには?

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエットの疑問 ダイエットの勘違い




ダイエットを心がけて生活していても、間違った方法を取っている人も多い。これって、正しいの?と悩んでも、今さらこんな質問……。と聞けずに悩んでいる人も。 先日某テレビ番組の中で、そんな質問をまとめていたので、ダイエット中の人も是非参考にしていただきたい。 Q. 鶏のささみは筋肉を作る? A. 筋肉は運動なしでは作られない ⇒鶏のささみは、確かに低カロリーで高たんぱく質な食材として有名。そして筋肉にはたんぱく質が必要なのも事実だが、結局のところ肝心の筋肉量を増やすのは運動です! Q. 野菜やたんぱく質はいくら食べてもOK? A. いくら体に良くても、摂り過ぎたら当然ながらカロリーオーバーに! ⇒野菜にも果物にもカロリーはあるのです。また、習慣的に大量に食べ続ければ、胃を大きくしてしまう可能性も! Q. ストローで飲むと早く酔う? A. 科学的根拠なし! ⇒確かにジョッキと比べ、ストローの方が飲むのに時間がかかるので同じ量を飲んでも酔いが回ったと感じるかもしれませんが、早く酔うとはいえません。でもお酒の量をセーブしたいなーと感じる人は試してみては?ただしいくら飲んでも酔わないというザルの人には効果なし! Q. トウガラシは痩せるの? A. 完全NOではないが、運動をしなければ痩せることは困難 ⇒それどころか、トウガラシの辛味成分カプサイシンの大量の摂取は胃や腸を傷つける恐れも Q. 夕飯の炭水化物は抜かなきゃダメ? A. 少しなら食べたほうが○ ⇒「抜く」ではなく「少なめに」炭水化物を抜くと腹持ちが悪くなり逆効果 (引用:ライブドアニュース) 筋肉が弱くなると肌がたるんできます。 運動しないと筋肉が作られないならキレイに痩せるためのダイエットに運動は欠かせません。カロリーの低いものでも大量に取ってはダメ・・ 炭水化物も適量ならダイエットに取りいれた方がいいようです。 ダイエットの基本は毎日の運動と食事のコントロール。努力、努力!
スポンサーサイト

BOOCSダイエット




本来は、ダイエットのための理論ではなく、生活習慣病や糖尿病を予防するための医学的理論。脳疲労を解消する→健康的な体になる→その結果痩せる……という生活習慣病予防の仕組みを、ダイエットに応用させているのだ。BOOCSとはB=brain(脳)、O=oriented(目指す)、O=obsity(肥満)& O=onself(自己)、C=control(調整)、S=system(システム)の頭文字で「脳指向型生活習慣病治療システム」「脳指向型自己調整システム」のこと。 (引用:ライブドアニュース) 生活習慣、特に食事の習慣はコントロールが必要です。もちろん、毎日3食。食事をコントロールすることで体は健康になり、それがダイエットにつながっていきます。体重を減らす事よりも先に健康な体になるように生活習慣に気を付けましょう。

断食ダイエット




断食の第一のメリットは、内臓を休めることができるということ。あまり自覚していないが、私たちは日々、内蔵を酷使していることが多い。たとえば、ストレスで食べ過ぎ&飲み過ぎたり、刺激物ばかりを食べたり、食事の合間にも絶え間なく間食していたり……。消化器官はその間フル稼働しているため、負担が非常に大きい。そこで断食により内臓を休ませれば、新陳代謝が良くなり復活する、というわけだ。もしも、胃腸の調子が悪い、便秘がち、吹き出物がある……などの悩みがあるなら、断食で解消する可能性は高い。
 第二にデトックス効果がある。断食をすると、いつも以上にトイレに行く回数が多くなるはず。これはエネルギー源の消化・吸収という行為がなくなることで、身体の機能が排泄のみに集中するためだとか。すると同時に体内に溜まった老廃物や毒素、宿便などが排出されるため、消化器官や血液、肌がキレイになるわけだ。ただし、宿便を出すには2週間程度の断食を要するとのことなので、中からスッキリしたいならそれなりの覚悟をして向き合う必要がありそう。
第三に、身体の抵抗力や免疫力が高まる効果も期待される。というのも、エネルギー源が供給されないことに身体が危機感を持ち、自力で守ろうとして高まるのだとか。同時に、体質も改善されるので、痩せやすい身体になるほか、花粉症やアトピー性皮膚炎にも効果があるらしい。 このほか、病気が緩和される、脳からα波が出る、五感が鋭くなる……などの効果もあると言われている。

(引用:ライブドアニュース

「肉と魚は一切食べない」という友人がいて、初めて食事を一緒にしたのは仕出屋のお弁当だったのですが彼女がご飯以外に口にしたものは卵焼きだけでした。たんぱく源は何なのか聞いたら「卵と牛乳」と彼女。でも、不思議なことにその友人は体格も良くて肌もキレイでとても健康的なのです。だからと言って卵や牛乳を多く摂っているわけでもない・・
たんぱく質や脂質は消化器官に負担をかけるようですし、食べないからといって体調が悪くなったりすることもないようです。偏食なのが逆に彼女を健康にして肌をキレイにしているのかもしれません。断食ダイエットもできればいいのでしょうが、簡単ではなさそうです。食べるものを選ぶことが健康的にダイエットを続けるコツかもしれません。
Copyright © ダイエット成功の秘訣とは All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。