ダイエットをする前に、ダイエットをしているときに、ダイエットして痩せたら・・ ダイエットを成功させるには?

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セルライトを予防する方法




セルライトはダイエットの大敵ともいわれているが、それはセルライトはエクササイズやダイエットによって脂肪や老廃物が代謝されないからなのである。つまり体重が落ちてもセルライトによって厚くなった脂肪の層は減らずに、いくらがんばっても下半身のサイズが変わらないという結果になってしまう。
セルライトは、筋肉中の脂肪細胞のまわりに老廃物などが蓄積されて固形化したもの。代謝が悪く老廃物が蓄積されやすい下半身に多くみられる。
鍼灸師であり、アロマアドバイザーでもある原一恵先生にお話をうかがった。
「セルライトを予防するには、血行をよくして老廃物をためないようにすることが大切です。でも、一度できてしまったセルライトはとっても頑固。まずは体を温めることから始めましょう。"冷え"はセルライトの大敵なのです。次に必要なのは、老廃物を運ぶリンパの流れをよくすること。リンパ節をほぐし、リンパの流れに沿ってマッサージをしましょう。むくみがスッキリするだけでも見違えるはずです。」

「引用:ライブドアニュース

ダイエットするためには老廃物を体にためないようにすることが秘訣です。老廃物の元は食事です。食事の量に気を配るのも大切ですが、その食事の内容はもっと大事です。老廃物をためないように代謝の良い体を作ればダイエットの効果は上がってくるんでしょうね。
スポンサーサイト

ダイエットと睡眠




アメリカのある大学の調査で、「睡眠時間の長い子どもの方が、短い子どもよりBMI値(肥満度を測る体格指数)が低く、5年後も肥満になる危険が少ない」という結果。この調査意外にも、アメリカの健康栄養調査では、睡眠時間が4時間以下の人は、7時間以上の人に比べて、70%も肥満の割合が高いということがわかっている。
成長ホルモンは、筋肉や脂肪の量をコントロールする重要な役割が担っているが、睡眠不足だと、成長ホルモンの分泌が少なくなるという弊害を及ぼす。この成長ホルモンの分泌量の減少が、体重を増やし、下腹部や腰回りの脂肪も増やしているのだ。
また、睡眠不足は、ストレスホルモンである「コルチゾール」分泌量の増加、食欲をコントロールする「レプチン」分泌が、正常に機能しなくなるという研究結果も発表されているよう。さらに悪いことは続き、睡眠不足で体重が増えると、睡眠時無呼吸症候群などでさらに睡眠に支障をきたし、結果また体重が増えてしまうという、悪循環も引き起こしかねない。
「引用:ライブドアニュース
睡眠はダイエットに深く関係しているようです。睡眠不足が太るなんて
思いもしませんでした。ダイエットを始める前に、睡眠が充分かどうか
チェックが必要です。睡眠がきちんととれていないと健康的に痩せることはできなさそうです。

ダイエットできるジョギング、ダイエットできないジョギング




勘違い!ハードに走ってもダイエットには・・・
カロリー消費は脂肪燃焼にあらず!
最近巷では、「走っている人」がカッコイイとされる傾向。
そういえば、今年2月に開催された「東京国際マラソン」を境に、皇居周辺にランナーが増加中と、少し前に「走ること」の特集を組んでいた、某人気女性情報誌に書いてありましたっけ。
純粋に走ることが好きな人はともかく、走るその先に、ダイエットがあればいいなと思っている人が誤解していること、「疲労感=カロリー消費」。
これは大きな間違いなのです。

さんざん体を動かし、「これだけ疲れたのだから、さぞかし体重も減っているだろう」と体重計に乗り、期待はずれにガッカリしたことはありませんか?
そもそも疲労感とは、筋肉に乳酸という疲労物質がたまって出ることをいうので、カロリー消費とは別物。ダイエットのためには、疲れをためずに、その分長時間カロリー消費をする必要があります。
ダイエットを目的としたジョギングで最も効果があるのは、体についた脂肪を燃やすために「ゆっくり走ること」「最低20分以上は走ること」の2つ。走り始めには体内の炭水化物が燃焼し、時間が経つにつれて、徐々に脂肪も燃え出すからです。それが、走り始めてから20~30分後と言われています。また、速度も重要で、「会話ができるペース」がいいとされています。息が上がり、ゼーゼー言えば言うほど運動をした気になりがちですが、「ゼーゼー」の量ほど結果はついてこないもの。第三者から見て遅いと思われるペースでも、走っている本人が会話できなければ、もっとスピードを落とす必要があるということです。どんなにゆっくりペースでも、前述した、脂肪が燃焼し始める20~30分は走り続ける、このことが大切なのです。
ちなみにこのランニングスタイルは、陸上の長距離選手、マラソン選手にも、「LSD」という練習方法で知られています。「L(ロング)S(スロウ)D(ディスタンス)=長くゆっくり走る」という意味で、取り入れられているのです。

先に、「疲労感=カロリー消費」ではない、ということに触れましたが、ダイエットで重要なキーワードになる、「カロリー消費」と「脂肪燃焼」。この2つも決して同じではありません。
カロリー消費とは、脂質、糖質、タンパク質すべてが燃焼されることで、多少個人差はあるものの、早く走っても20分未満では、血液中の糖質だけが先に燃やされるだけで、それ以上時間が経たないと脂肪は燃えません。糖質が燃焼しても脂肪が燃焼しなければ。カロリーは消費しても皮下脂肪が残るのです。それがゆっくり走ることにより、脂肪燃焼の度合いがよい方へ進むということになります。

最後に付け加えると、ジョギングは週1回ではあまり効果は望めず、週2~3回は実践することがより効果的なのだそう。
「引用:ライブドアニュース
短期間で楽してダイエットというのはなかなかないものです。
時間をかけてゆっくりと、ジョギングも毎日実践できれば更に効果があるでしょうね。何より続けること。痩せるために走り、痩せたらその体型を維持するためにまたダイエットが始まります。ダイエットは努力と忍耐と継続です。

ダイエットが男性に与えてくれるもの




太っていると損をする!ビジネスマンにダイエットのススメ
ダイエットには地道な運動と食生活に気をつけることが大切だが、健康なダイエットがビジネスマンに与えるものとは何だろう。

大手旅行代理店に勤めるM氏の周りでも、ダイエットブームが起きている。メタボリックが叫ばれるようになってから、体型を気にする人が増えた事と、残業廃止からジムに行く時間が増えたのも一因らしい。

M氏は「太っている人は、仕事に対してもルーズで管理が甘い人が多い」と感じていた。それが、ダイエットを始めたことで、仕事にもいい影響が目立つという。ジム通いで体型を気にするようになって、体型への意識が高まるとともに、仕事への意識も高まっているように感じるそうだ。

ダイエットを始めて、
・今まで時間やスケジュール管理が甘かったのが、しっかり管理するようになったり、
・今までの生活に比べてきついダイエット生活を送ることで、精神力が付いたり、
・特に営業職の場合は、見た目が7割なので、痩せることで仕事がしやすくなったり、
といい事尽くし!

また、痩せると、周囲の目を引き、周囲の評価も自然と上がるそう。仕事をバリバリこなせるようになることで、昇進の可能性も高くなるという。

恋愛に関しても、見た目のコンプレックスがなくなり、積極的に行動出来る人が増えているそう。

ビジネスマンにとって健康的なダイエットは、仕事運、金運、恋愛運までアップさせるようだ。
「引用:ライブドアニュース
ダイエットで健康的な身体になると仕事運も金運も恋愛運も良くなる。
実践しなくても、なるほどです。人は見かけで判断してはいけないと言いますが、第一印象は見た目です。就職面接でも、健康的な体型である方が印象はいいでしょうね。ダイエットは女性より男性がするべきものかもしれません。

産後ダイエットに足指しばりダイエット




5分間寝ているだけで、くびれる!?
 痩せたい部位のナンバーワンは、やはりウエストではないだろうか? 一生懸命ダイエットや運動に励んでも、ウエスト、お尻など腰の周りは、なかなか脂肪が落ちにくいもの。  
 ところが、こんなに手強い部位が、たった5分間寝ているだけで細くなるというエクササイズがあるではないか。その名も「足指しばりダイエット」。用意するものは、ヘアゴムとクッション(座布団や枕でも可)、たったの2つだけだ。なんて簡単&お手軽なエクササイズなんだろう! そのワケとは、一体どんなこと?

 これには骨盤の歪みを正しい位置に戻し、ウエストを引き締める目的がある。もともと骨盤は、ウエスト周辺のさまざまな筋肉の働きにより、内蔵を正しい位置に留めている。しかし、姿勢が悪かったり、ふつうに歩いているだけでも骨盤が開いてしまうのだ。骨盤が開いた状態が続くと、体の重心が外側に向い、足の裏の外側や小指で体重を支えるようになっていく。つまり、働いているべきウエスト周辺の筋肉が使われなくなり、それとともに内蔵が下がるためポッコリお腹になってしまう、というわけだ。

 なるほど、簡単だが説得力はある。では、気になるそのやり方は……?


1 まず床に座った状態で、両方の足の親指をヘアゴムでややゆるめに(ゴム跡が皮膚に付かない程度)縛る。
2 そして腰の部分にクッションを置き、おへそが高くなるように寝る。このとき、腰が沈まない固めのクッションがいい。また、かかとと膝が離れないようにぴったり合わせて寝るのもポイント。
3 寝ているときは、両手を頭の上にあげ、全身が伸びるイメージで。時間が経つと、かかとや膝が開いてくるので、しっかり付けておくこと。

 というわけで、寝る前にさっそく実践してみた。ヘアゴムで指を縛り、ゴロンっと……。ちなみに、【腰が沈みすぎないようなクッションを使う】との注意があったので、二つ折りにした座布団をあてがってみた。腰の位置はそんなに高くないはずだが、唸ってしまうほど腰に刺激がある。腰の右側に強い刺激を感じるのは、右足を上に足を組むクセがあるせいだろうか? また、お腹の部分が反り上がっているため、呼吸をするのに腹筋を使うのもイイ感じだ。たかが5分といえども、かかとが開かないようにキープすると足の内側に力が入り、3分を過ぎた頃には足がプルプルと震えてくる。頭の中で「あと2分!」コールをし、自分を励ましながら5分経過。終わってみると、なんとなくウエストが締まった気が……。ウエストを計ってみると、なんと1cmほど細くなっていた! おお、これはスゴイ!!
 勘違いしてはいけないのは、これはあくまでも、使われていなかった筋肉を蘇らせるもので、脂肪が落ちるわけではないということ。また、骨盤は1日経てばまた元の位置に戻ってしまうため、持続性はない。だが、毎日続けて筋肉を鍛えれば、骨盤の位置が大きくズレることもなくなるのではないだろうか。ちなみにヘルニアなどで腰痛がある人は、時間を1~2分に短縮するなどの工夫をしよう。また、妊娠中は禁止だが、出産後は通常より骨盤が開いているため、効果が出やすいという。
「引用:ライブドアニュース
産後はなかなか痩せられないようですが、この方法は効果があるそうなので産後ダイエットをされたい人は試されてみては。やはりダイエットの基本、何日間かのダイエットではなくて、続ける事が大事です。毎日続ける事で理想のウエストラインを手に入れられるかもしれません。男性でウエストが気になる人にも。
Copyright © ダイエット成功の秘訣とは All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。