産後ダイエットに足指しばりダイエット・ダイエットをする前に、ダイエットをしているときに、ダイエットして痩せたら・・ ダイエットを成功させるには?

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産後ダイエットに足指しばりダイエット




5分間寝ているだけで、くびれる!?
 痩せたい部位のナンバーワンは、やはりウエストではないだろうか? 一生懸命ダイエットや運動に励んでも、ウエスト、お尻など腰の周りは、なかなか脂肪が落ちにくいもの。  
 ところが、こんなに手強い部位が、たった5分間寝ているだけで細くなるというエクササイズがあるではないか。その名も「足指しばりダイエット」。用意するものは、ヘアゴムとクッション(座布団や枕でも可)、たったの2つだけだ。なんて簡単&お手軽なエクササイズなんだろう! そのワケとは、一体どんなこと?

 これには骨盤の歪みを正しい位置に戻し、ウエストを引き締める目的がある。もともと骨盤は、ウエスト周辺のさまざまな筋肉の働きにより、内蔵を正しい位置に留めている。しかし、姿勢が悪かったり、ふつうに歩いているだけでも骨盤が開いてしまうのだ。骨盤が開いた状態が続くと、体の重心が外側に向い、足の裏の外側や小指で体重を支えるようになっていく。つまり、働いているべきウエスト周辺の筋肉が使われなくなり、それとともに内蔵が下がるためポッコリお腹になってしまう、というわけだ。

 なるほど、簡単だが説得力はある。では、気になるそのやり方は……?


1 まず床に座った状態で、両方の足の親指をヘアゴムでややゆるめに(ゴム跡が皮膚に付かない程度)縛る。
2 そして腰の部分にクッションを置き、おへそが高くなるように寝る。このとき、腰が沈まない固めのクッションがいい。また、かかとと膝が離れないようにぴったり合わせて寝るのもポイント。
3 寝ているときは、両手を頭の上にあげ、全身が伸びるイメージで。時間が経つと、かかとや膝が開いてくるので、しっかり付けておくこと。

 というわけで、寝る前にさっそく実践してみた。ヘアゴムで指を縛り、ゴロンっと……。ちなみに、【腰が沈みすぎないようなクッションを使う】との注意があったので、二つ折りにした座布団をあてがってみた。腰の位置はそんなに高くないはずだが、唸ってしまうほど腰に刺激がある。腰の右側に強い刺激を感じるのは、右足を上に足を組むクセがあるせいだろうか? また、お腹の部分が反り上がっているため、呼吸をするのに腹筋を使うのもイイ感じだ。たかが5分といえども、かかとが開かないようにキープすると足の内側に力が入り、3分を過ぎた頃には足がプルプルと震えてくる。頭の中で「あと2分!」コールをし、自分を励ましながら5分経過。終わってみると、なんとなくウエストが締まった気が……。ウエストを計ってみると、なんと1cmほど細くなっていた! おお、これはスゴイ!!
 勘違いしてはいけないのは、これはあくまでも、使われていなかった筋肉を蘇らせるもので、脂肪が落ちるわけではないということ。また、骨盤は1日経てばまた元の位置に戻ってしまうため、持続性はない。だが、毎日続けて筋肉を鍛えれば、骨盤の位置が大きくズレることもなくなるのではないだろうか。ちなみにヘルニアなどで腰痛がある人は、時間を1~2分に短縮するなどの工夫をしよう。また、妊娠中は禁止だが、出産後は通常より骨盤が開いているため、効果が出やすいという。
「引用:ライブドアニュース
産後はなかなか痩せられないようですが、この方法は効果があるそうなので産後ダイエットをされたい人は試されてみては。やはりダイエットの基本、何日間かのダイエットではなくて、続ける事が大事です。毎日続ける事で理想のウエストラインを手に入れられるかもしれません。男性でウエストが気になる人にも。
スポンサーサイト
Copyright © ダイエット成功の秘訣とは All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。