ダイエットと睡眠・ダイエットをする前に、ダイエットをしているときに、ダイエットして痩せたら・・ ダイエットを成功させるには?

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエットと睡眠




アメリカのある大学の調査で、「睡眠時間の長い子どもの方が、短い子どもよりBMI値(肥満度を測る体格指数)が低く、5年後も肥満になる危険が少ない」という結果。この調査意外にも、アメリカの健康栄養調査では、睡眠時間が4時間以下の人は、7時間以上の人に比べて、70%も肥満の割合が高いということがわかっている。
成長ホルモンは、筋肉や脂肪の量をコントロールする重要な役割が担っているが、睡眠不足だと、成長ホルモンの分泌が少なくなるという弊害を及ぼす。この成長ホルモンの分泌量の減少が、体重を増やし、下腹部や腰回りの脂肪も増やしているのだ。
また、睡眠不足は、ストレスホルモンである「コルチゾール」分泌量の増加、食欲をコントロールする「レプチン」分泌が、正常に機能しなくなるという研究結果も発表されているよう。さらに悪いことは続き、睡眠不足で体重が増えると、睡眠時無呼吸症候群などでさらに睡眠に支障をきたし、結果また体重が増えてしまうという、悪循環も引き起こしかねない。
「引用:ライブドアニュース
睡眠はダイエットに深く関係しているようです。睡眠不足が太るなんて
思いもしませんでした。ダイエットを始める前に、睡眠が充分かどうか
チェックが必要です。睡眠がきちんととれていないと健康的に痩せることはできなさそうです。
スポンサーサイト
Copyright © ダイエット成功の秘訣とは All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。