ダイエットの疑問 ダイエットの勘違い・ダイエットをする前に、ダイエットをしているときに、ダイエットして痩せたら・・ ダイエットを成功させるには?

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエットの疑問 ダイエットの勘違い




ダイエットを心がけて生活していても、間違った方法を取っている人も多い。これって、正しいの?と悩んでも、今さらこんな質問……。と聞けずに悩んでいる人も。 先日某テレビ番組の中で、そんな質問をまとめていたので、ダイエット中の人も是非参考にしていただきたい。 Q. 鶏のささみは筋肉を作る? A. 筋肉は運動なしでは作られない ⇒鶏のささみは、確かに低カロリーで高たんぱく質な食材として有名。そして筋肉にはたんぱく質が必要なのも事実だが、結局のところ肝心の筋肉量を増やすのは運動です! Q. 野菜やたんぱく質はいくら食べてもOK? A. いくら体に良くても、摂り過ぎたら当然ながらカロリーオーバーに! ⇒野菜にも果物にもカロリーはあるのです。また、習慣的に大量に食べ続ければ、胃を大きくしてしまう可能性も! Q. ストローで飲むと早く酔う? A. 科学的根拠なし! ⇒確かにジョッキと比べ、ストローの方が飲むのに時間がかかるので同じ量を飲んでも酔いが回ったと感じるかもしれませんが、早く酔うとはいえません。でもお酒の量をセーブしたいなーと感じる人は試してみては?ただしいくら飲んでも酔わないというザルの人には効果なし! Q. トウガラシは痩せるの? A. 完全NOではないが、運動をしなければ痩せることは困難 ⇒それどころか、トウガラシの辛味成分カプサイシンの大量の摂取は胃や腸を傷つける恐れも Q. 夕飯の炭水化物は抜かなきゃダメ? A. 少しなら食べたほうが○ ⇒「抜く」ではなく「少なめに」炭水化物を抜くと腹持ちが悪くなり逆効果 (引用:ライブドアニュース) 筋肉が弱くなると肌がたるんできます。 運動しないと筋肉が作られないならキレイに痩せるためのダイエットに運動は欠かせません。カロリーの低いものでも大量に取ってはダメ・・ 炭水化物も適量ならダイエットに取りいれた方がいいようです。 ダイエットの基本は毎日の運動と食事のコントロール。努力、努力!
スポンサーサイト
Copyright © ダイエット成功の秘訣とは All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。